ハイキング

散策路ご紹介

なか・やちよの森公園自慢の散策路をご紹介します。
広大な森に張り巡らせた散策路の全長は約18㎞。
最も標高の高い黒木山山頂は393.2m。実は東京タワー(333m)より高いんです!
尾根筋からは、翠明湖や北播磨の山並みなど美しい景観が一望できます。
体力や気分に合わせて、お好きなルートで四季の自然をお楽しみください。

なか・やちよの森公園 散策道マップ

注意事項

山登りを楽しんでいただくために、必ずお読みください!

●熊について

多可町および近隣市町で熊の目撃情報が出ております。音の出る物を携帯するか、時々手を叩いたりしながらお歩き下さい。また、同伴者がおられる場合は一人きりにならない様に、お気を付け下さい。

●ハイキングについて

  • 決して無理はせず、マイペースにゆっくり歩いて下さい。
  • 細い道での追い越しは危険です。追い越す時は必ず声をかけましょう。
  • 通行止めの表示がある場所への立入を禁止します。
  • 歩きタバコは山火事のもとになります。吸わないようにしましょう。
  • ゴミは各自で持ち帰りましょう。
  • ハイキング中は足元・頭上に注意して歩きましょう。
  • お子様連れの方は、迷子にならぬよう十分な目配りをお願いします。

A屋根筋縦走コース

8.3km/3時間20分

黒木山からの眺めは抜群です。そのあと北に向かって尾根筋を縦断します。
上下のUp-Downが楽しめます。
山の交差点、展望台、コバノミツバツツジの散策道から見える景色は爽快です。
展望台では、冬の早朝、気候の条件が合えば、雲海を見ることが出来ます。

  • 里山を満喫しよう! 里山ハイクコースマップ A尾根筋縦走コース 8.3km/3時間20分
  1. 1

    冬の湖畔の広場。冬場は荘厳な朝もやから事務所が姿を現します。

  2. 8

    初夏の黒木山山頂(海抜393.2m)。翠明湖を超えて中区全体が見えます。

  3. 13

    展望台にはトイレ(海抜296m)があります。
    渓流谷の散歩道を経由して渓流の広場まで1.3kmです。

  4. 14

    展望台デッキからの景色は爽快です。冬は条件がそろえば雲海から朝日の出を拝めます。
    ※デッキの方向は東です。

  5. 15

    途中で一休み。翠明湖の翠大橋をそのまま延長した15番の位置にあります。
    ※今は、育てるグループさんが見晴らしを良くしてくれています。

  6. 16

    コバノミツバツツジ散策道は尾根筋なので、常に景色が見えています。
    歩くにつれて翠明湖の翠大橋が後ろになっていきます。

  7. 17

    所々、岩を上り降りする場所がありスリリングです。

  8. 18

    林間広場の上に東屋(海抜230m)があります。ここでも一休みができます。

  9. 20

    春には桜が見えます。絆の森の散策道は、森の中を突き抜けます。
    時には景色がみえ、時には木々の木陰に入ります。

Bもみじ紅葉コース

6.3km/2時間40分

竹谷山渓谷は、春には桜、秋にはモミジがきれいで兵庫県百景に選ばれている名所です。
竹谷山渓谷から展望台までの渓流谷の散歩道は、ゆるやかで、地元の方々も散歩でよく来られる良いところです。マイナスイオン一杯の散歩を楽しむことができます。
※渓流谷の散歩道:木漏れ日あふれる、マイナスイオン満載の散歩道(1.3Km)です。突き当りには、展望台があって気分爽快な景色が見ることが出来ます。緩やかな散歩道で乳母車を引いてこられるお母さんもおられます。
※大亀岩:山頂に大きな岩が残っているところです。大亀岩の手前で、散策道は切れていますが、山頂にこんなに大きな岩があるのは驚きです。本コースは、その手間20m手前で曲がることになります。
※夫婦岩:大きな2つの岩が寄り添っています。ひと昔は、神社を祭っていましたが、最近は世話をする人がいなくなってしまいました。

  • 里山を満喫しよう! 里山ハイクコースマップ Bもみじ紅葉コース 6.3km/2時間40分
  • Bコース 標高チャート/所要時間
  1. 1

    湖畔の広場事務所。入口からみた全容。

  2. 4

    仙谷口(海抜244m)は左手、黒木山は右手です。仙谷口から翠明湖が南北に見えます。

  3. 8

    黒木山から北東方向を見た風景です。

  4. 9

    道標⑫番。 黒木山から下りてきて初めての分岐点です。
    写真奥まっすぐがコースマップ10番方向、写真右Y字方向に曲がると渓流の広場です。
    渓流の広場までは500m、下り約10分です。

  5. 10

    道標⑬番。進行方向左手方向下りがエーデルささゆり。進行方向右側登りがコース。
    エーデルささゆりにはこの散策道を通していくことができます。
    道標20番エーデルささゆりチャペル前に出ていきます。

  6. 11

    道標⑮番。この手前でコースは右に折れて下ります。
    まっすぐ行くとそこは、山の山頂に亀の様相をした大きな岩があります。大亀岩です。
    ※大亀岩は当公園の散策道としては指定しておりません。

  7. 12

    寄り添った大きな2つの岩は仲睦まじい夫婦のようです。
    地元では「夫婦岩」として祭られてきました。道標⑯番の上に位置します。

  8. 13

    コースの12~13までが、兵庫県名所百景に選出された「竹谷山」の渓谷です。
    春は桜、秋は紅葉で彩られます。

  9. 18

    展望台でゆっくりとお休みください。
    ここからは翠明湖まで下るコースになります。

Cはじめての山登りコース

1.2km/40分

湖畔の広場でちょっと山歩きを楽しむコースです。
仙谷口(244m)からは、翠明湖が一望できます。
ダムの翠大橋を挟んで、その向こうにそびえるのは、多可町のシンボルである妙見山です。

  • 里山を満喫しよう! 里山ハイクコースマップ
  • Cコース 標高チャート/所要時間
  1. 1

    湖畔の広場入口のポール

  2. 3

    仙谷口入口の看板です。湖畔の広場駐車場の奥隣です。

  3. 4

    左が仙谷口、右が黒木山です。

  4. 5

    仙谷口の頂上から望む翠明湖です。方向は北向きです。
    翠明湖の向こうには妙見山が望めます。

  5. 5

    仙谷口頂上のベンチからゆっくり翠明湖が望めます。

  6. 7

    コースは、写真内白い看板の右方向です。
    まっすぐ行くと黒木山方面です。

Dぐるり山超えコース

5.8km/2時間30分

湖畔の広場から黒木山を越えて渓流の広場に行きます。
渓流の広場で一服し、展望台で爽快な景色を見て、そのあと山の交差点から湖畔の広場に戻ってきます。階段の小径は階段が多いです。

  • 里山を満喫しよう! 里山ハイクコースマップ Dぐるり山超えコース 5.8km/2時間30分
  • Dコース 標高チャート/所要時間

E黒木山展望コース

3.6km/1時間30分

湖畔の広場から黒木山、そして山の交差点まで行って、階段の小径から降りてきます。

  • 里山を満喫しよう! 里山ハイクコースマップ E黒木山展望コース 3.6km/1時間30分
  • Eコース 標高チャート/所要時間

登り口の紹介

  • 登り口の紹介
  1. 1

    湖畔の広場駐車場から上がれる登山口。仙谷口登山道入り口。
    ここから、仙谷口山頂(244m)と黒木山(393.2m)に行くことが出来ます。
    黒木山まで、約1.3km、約45分。標高差約230m。
    途中急な坂道もありますが、スリリングで楽しんでください。

  2. 2

    湖畔の広場の奥から黒木山(393.2m)まで上がることが出来ます。
    標高差約230mです。約46分の距離です。

  3. 3

    湖畔の広場の事務所裏に位置する登山道入口です。
    階段の小径は、道急な坂道ですが階段が整備されています。
    体力づくりにお薦めです。
    この登山口~山の交差点(海抜376m)まで約1.2km、約40分。
    山の交差点~黒木山まで、約1.1km、約26分
    黒木山山頂まで約66分です。で爽快な気分を味わうことができる手ごろなコースです。

  4. 4

    絆の森散策道の入口です。
    湖畔の広場から、ダムの事務所の前を通って2目の入り江に位置します。
    街のウォーキンググループもここを利用しています。

  5. 5

    この入口から歩いて3分で、ダムが見渡せる東屋に到達します。
    ここはマル秘の絶景ポイントです。
    この登山口から展望台デッキまで森の散策道を横切って直進です。
    展望台デッキまでは多少急な坂道を上ります。

  6. 6

    入り口からすぐに森の散策道に連結します。
    展望台デッキまで一番近道になる入口になります。
    杉の小道入り口、ぶつかって左折、すぐに交差点を右折(登り)、10分で展望台デッキ。

  7. 7

    この登山道から、絆の森散策道、コバノミツバツツジ散策道に連結します。
    絆の森散策道~コバノミツバツツジ散策道間は、少し急ですが、ワイルド感があります。

  8. 8

    翠大橋のすぐ南側の登山口です。小さいですが駐車場(2台)があります。
    絆の森の散策道に連結します。

  9. 9

    翠大橋の北側に位置する登山口です。ヒノキ林の中を通過します。
    絆の森散策道につながります。この散策道は山の中腹を走ります。
    入り口には駐車場はありませんが、空間はあります。

  10. 10

    当公園の一番北に位置する登山口です。入口は道標①番です。
    広場にはトイレがあります。すぐ上に東屋があります。
    ここからミツバツツジ散策道を通って展望台までは約2.2km、約65分です。
    UpDownがあって面白く、景色が抜群のコースです。

  11. 11

    林泉荘跡地すぐ上の登山道。道標16番。渓流の広場第3駐車場のすぐ上です。
    この上にすぐ「夫婦岩」があります。ここから大亀岩、そして黒木山まで行けます。

  12. 12

    渓流の広場の事務所前の登山道入口です。炭焼き小屋の前を通ります。
    黒木山(393.2m)までは約1km、約40分です。
    黒木山まで早く上りたい方はここから登ります。

  13. 13

    渓流谷の遊歩道の途中に森の休憩所があります。
    ここにこの登山道があります。山の交差点まで直行です。

  14. 14

    展望台に位置する登山道入口です。
    ここは、渓流谷の遊歩道の終着点です。
    <北側:道標3番>
    すぐそこに展望台があり見晴らしが最高です。
    そのまま北に向かえば、コバノミツバツツジ散策道を通って林間の広場まで行けます。
    コバノミツバツツジ散策道は、景色が楽しめるコースになっています。

  15. 14

    展望台に位置する登山道入口です。
    ここは、渓流谷の遊歩道の終着点です。
    <南側:道標4番>
    山の交差点を経由して、黒木山まで行けます。
    山の交差点まで約0.8km、25分、そこから黒木山まで、1.1km、26分です。

渓流の広場の駐車場の紹介

夏場は、渓流の広場が大人気です。狭いところなの駐車場の台数が少ないです。
この点ご迷惑尾おかけします。特に第一駐車場がいっぱいな時に第一駐車場まで来た場合に折り返すのが大変です。第三駐車場から渓流の広場までは約150mくらいです。急な坂を上ります。
その点よろしくお願いいたします。

  • 渓流の広場の駐車場の紹介
  1. 1

    47台の駐車スペースです。内4個が障碍者用です。

  2. 2

    渓流の広場事務所横の駐車場、10台(内1台は障害者用)
    夏場は非常に混んでしまいます。
    ご迷惑をおかけしますがご理解ご協力をお願いします。

  3. 3

    渓流の広場までの途中に位置する駐車場、11台。
    渓流の事務所まで歩いて3分、少し距離があります。

  4. 4

    林泉荘後地の向かいのスペースです。
    渓流の広場まで200mあります。歩いて5分くらい、上りになります。
    夏場は混みます。ここに止めてもらうこともありますがご理解、ご協力をお願いいたします。

  5. 5

    駐車スペースは十分あります。

  6. 6

    2台分のスペース、斜め置きになると1台分のスペースです。