ニュース&ブログ

里山の問題児筆頭(マムシ)

2021年10月03日 公園の四季、自然との語らい

キノコの観察会の最中にすこし怖い生物に出会いました。

マムシという毒蛇です。日本で有名な毒蛇と言えばこのマムシと
ヤマカガシ(赤い模様が特徴ですが黒い変色したものもあります。)

の2種類ですが、

襲われるというニュースが出ればおおむねこの蛇です。
毒の強さでいうと三倍ほどマムシよりヤマカガシのほうが強いのですが
ヤマカガシは逃げ足が速くおとなしいので、まず噛まれません。
半面マムシは逃げ足が遅く警戒心が強いのでじっとして攻撃態勢を整えます。
裏を返せば

こんな風に真正面からの写真も撮れます。(真似をしないでください。)

怖い顔していますね。警戒態勢兼臨戦態勢です。マムシは年間3,000人が噛まれて病院に運ばれ10名が死亡する毒蛇です。
特徴は
①ずんぐりむっくり
②とがった頭
③鎖模様の特徴的な鱗
④警戒、もしくは接敵するとあまり動かない
⑤つがいで行動することが多く2匹一緒にいる可能性が高い
です。

これから蛇も行動が鈍ってきます。誤って踏んだりしないようにご注意ください。
あと余談ですが寝ぼけた感じでクサガメも見つけました。