ニュース&ブログ

秋の生き物探し

2021年10月06日 公園の四季、自然との語らい

秋の里山で今日も様々なものを見つけることができました。
大きな朴の木の落ち葉と

いがいがのバナナのような実

中に黒い種が入っています。
仏花で有名な毒草シキビの実

他にはクヌギのどんぐりがネズミか何かにかじられていたり。

途中で食べ飽きられた松ぼっくりや

前回もご紹介したクルミの食べた後の殻も見られました。

 
様々な生き物の生活を感じられるいい散策になりました。

そのほか不思議な生き物がいくつか

アケビコノハというガの幼虫や

ツマグロヒョウモンという蝶の幼虫

これは

キノコだと思って調べたら、粘菌 ムラサキホコリというものの仲間のようです。