ニュース&ブログ

日差し目当てのあわてんぼう?(ジャケツイバラ)

2021年12月24日 公園の四季、自然との語らい

12月も残すところあと二週間を切り、冬真っただ中の公園ですが、そんな公園のふもと、旧林泉荘跡地で新芽を見つけました。

ジャケツイバラという植物で、あちこちに新芽を出しています。

漢字では「蛇結茨」と書き、反しのようにとげを持つので、ハイカーの中には文字通り蛇蝎のごとく嫌う方もいらっしゃいます。
何しろこんな生き方をするその姿もって「ジャケツイバラ」と称するのでそれもわかっていただけると思います。

万が一にもこの薮に入ってしまおうものなら、一張羅の犠牲なしには出てこられないかもしれません。
しかしこんないかつい外見ですが、意外にも豆の仲間。

今年の豆の殻が枝のあちこちに残っています。

こちらが種。個人的にはあまり増えては欲しくありませんが花の数が多いので増殖力もかなりのものです。

春を勘違いした生き物たち。本日がクリスマスイブですがサンタクロース以外にもそそっかしいあわてんぼうが、見つかるかもしれません。