ニュース&ブログ

里山から春の便り(様々な蕾とウグイス初鳴き)

2022年03月13日 公園の四季、自然との語らい

冬のジャンパーを着ていると汗ばむほどの陽気になった本日ですが、里山の生き物たちも春の訪れに動き出さずにはいられないようで。

桜も早咲きの品種はつぼみが膨らみだし

アセビも花が随分増え

水仙のつぼみも顔を出し

ビオトープ池のメダカたちも元気に泳ぎだしました。

そのほとりにかわいらしいふわふわが

こちら柳の花芽になります。

中に蕾があり内側から花がにゅっと現れるようです。
ですが地味な花よりむしろこちらを当公園としてはお勧めしたい。

触るとふわふわとした感触ですべすべ。「ネコ」ヤナギという品種もあるように猫のしっぽのような滑らかさです。(こちらの柳の品種は確認できませんでした)。
ネコと違って逃げたりはしませんのでモフりたい放題。職員も滑らかな肌触りを堪能しました。
いよいよ春本番

この通りウグイスの初鳴きも確認しました。音が小さいのとまだまだこなれていないのはご愛敬。
春の里山にまた足を運んでください。