ニュース&ブログ

春の彼岸のお友達(ヒサカキ)

2022年03月21日 公園の四季、自然との語らい

予報外れの雨が続きましたがそれもひと段落。里山では早咲きの桜のつぼみがすっかり秒読みまで膨らみました。

そんな中、あまりなじみのない花が咲きだしていたのでご紹介します。それがこちら

ヒサカキと言います。花が咲いても小さいので
アップにしても

この通りあまり目立ちませんが、その分細かいおしべが見て取れます。
鼻を寄せると独特としか表現のしようのない不思議なにおいが。小さな外見でなかなか強烈です。
さてこの花、花はあまりなじみがありませんが

こちらの葉なら見られた方もいらっしゃるかもしれません。
この春のお彼岸にも大活躍の仏花の安い方として、また、神事のサカキの代用品としてスーパーやホームセンターにも売られています。立ち姿はこんな感じです。

地元にはよくご存じの方がいるようで

この通り芯の一番いい部分をお持ち帰りされていました。
それでもその奥にいくつもの花芽が見て取れる当たり、植物たちの力強さを感じます。

本日春分、春本番。様々な花の色どりをお楽しみください。