ニュース&ブログ

生き物たちの日向ぼっこ(シマヘビ、カナヘビ、ヤマカガシ他)

2022年04月06日 公園の四季、自然との語らい

サクラはほぼ満開。早咲きの桜は早くも散りだし

また違ったミヤビさを生み出し、渓流のほとりには前回はいなかった

カゲロウの仲間も飛び出しています。本日も里山パトロール。
前回ご紹介したヒキガエルの卵はオタマジャクシにかわりだしていました。

時の流れが着実に進んでいるのを感じます。
暖かい日はのんびりと日向ぼっこでも。そんな風に考える方はいらっしゃらないでしょうか。
自然界でものんびりと日向ぼっこを楽しむ生き物たちがいます。
前回ご紹介したウシガエルや

本日見つけた

シマヘビなど、ヘビ、トカゲ、カエル、サンショウウオなどの仲間は自分で体を温めることができず、特にトカゲやヘビなどはのんびり日向ぼっこをして体を温める姿を見ることができます。
今回は結構な大物でした。

こちらの生き物も本日のんびり日向ぼっこ。

こちらカナヘビというトカゲの仲間です。ヘビと名はつきますがトカゲの仲間。
トカゲという名前のトカゲが別にいます。
今後どんどん見られる生き物たちが増えていく里山をぜひお楽しみください。

 

ただし生き物が突如現れるかもしれません。(こちらは山肌をいきなり滑り落ちてきたヤマカガシ)