ニュース&ブログ

盗人猛々しい(クマバチ)

2022年04月20日 公園の四季、自然との語らい

ぶうん。そんな重低音を響かせて、最近当公園に少し物騒なお客様が現れました。

クマバチです。
体長3センチ近く、迫力のある外見と低い羽音で周囲に威圧感を与えています。ですが、こんな形でも実はミツバチの仲間。主食は花の蜜です。花から花へ大きな体を震わせて飛び回っています。

虫は花粉を花から花へ運んでもらう重要な運び屋。花は種を作るため大切に蜜でおもてなし。のはずですが

こちらも

こちらも
クマバチは花に顔を突っ込むことなく、花の上に乗っては別の花に飛び回っています。
クマバチは顔が大きく、口が短いのでこちらの

カラスノエンドウのような小さい花では蜜の場所まで口が届かない場合があるようで、その場合こうやって

花の付け根に穴をあけて蜜だけをくすねていきます。
盗蜜。文字通りの泥棒。そして颯爽(さっそう)と飛び立ちます。

花からしたらたまったものではありませんが、逆に力強いクマバチたちをお得意さんとして花粉を運んでもらう、したたかな花もあったりするので、虫と花の世界はうまく回っているようです。
したたかに立ち回る生き物たちの暮らしをのぞいてみてください。