ニュース&ブログ

里山のゆりかご職人(ゴマダラオトシブミ)

2022年04月26日 公園の四季、自然との語らい

早々に過ぎ去っていく季節、少し前に咲きだした
マルバアオダモや

ガマズミの仲間など

すでに見ごろを終えつつあります。里山の季節の移り変わりは速いとつくづく感じます。
さて、本日は少し変わった虫を見つけたのでご紹介します。
こちら

ゴマダラオトシブミというオトシブミの仲間になります。

カメラに驚いたのかこの不思議な恰好。実はこの昆虫には特技があります。それは作品づくり、特に折り紙の名手です。
このように木の葉っぱを起用に織り込んでこのように

しっかり固められているのかほどけません。こちらをオトシブミはゆりかごにしているようです。
親のオトシブミは卵を産み付けて、その後葉っぱを織り込んでいくようです。
ゆりかごは確認していましたが、本体は初めて確認できました。
まだまだ職員も見たことのない生き物がたくさん過ごす里山に一度遊びに来ませんか?