ニュース&ブログ

小さな縁起物(コバンソウ、ヒメコバンソウ)

2022年05月24日 公園の四季、自然との語らい

さわやかな春の風と、やや汗ばむほど暑い太陽の下。
公園の色どりになっているパンジーの根元に、小さな縁起物の草が生えていたのでご紹介します。

こちら、コバンソウと言います。
名前の由来は文字通り穂の部分が小判のように見えるからで、縁起物として扱われるのもこの部分が理由です。

海外から入ってきた雑草ですが、愛らしい外見で、ドライフラワーなどにも使われるそうです。当公園周辺ではコバンソウはあまり見られませんが、代わりに

こちらヒメコバンソウがあちらこちらで見ることができます。
「ヒメ」と名の付く植物は元のものより小さい場合がほとんどですが、ヒメコバンソウは

並べてみるとこんな感じのサイズ比。パッと見ただけでは穂の形はわかりませんが

拡大するとこの通り。たしかにコバンソウとおなじような形をしています。双方このうろこ状の穂、一つ一つが外れ風に乗って種を遠くに飛ばします。

見目かわいらしい小さな縁起物たちを探してみてください。