ニュース&ブログ

げに凄まじき生命力(ノウゼンカズラ)

2022年06月29日 公園の四季、自然との語らい

初夏空気を浴びながら、事務所の入り口に派手な花が咲いています。

ノウゼンカズラと言います。中国から平安時代に園芸種として入ってきた花。英名ではトランペットフラワーと呼ばれこの立派な花が名前の由来となっています。

この花は美しさとは裏腹に厄介な生命力をもっています。

さんざん伸び放題に伸びる枝の剪定と新芽の除去での一枚。山ほど引っこ抜いたのですが

あちらこちらからまた新たな芽が

どんどん伸びてきています。

中国では「霄(そら)を凌(しの)ぐ花」と書いて凌霄花というそうです。

蒼空に映える、この鮮やかな花をご覧ください。