ニュース&ブログ

日に輝く夏の顔(ヒマワリ)

2022年07月16日 公園の四季、自然との語らい

プログラムで参加者の皆さんと植えたヒマワリもようやく開花し始めました。

ヒマワリ(向日葵)は、成長するときに日を追うように成長します。そして成長し切り、花が咲く頃には、ほぼ同じ方向を向きます。

日本では江戸時代に持ち込まれ、現在では40を超える市町が市の町の花に制定し、夏の花として定着しています。

その栽培が始まったのは北アメリカ、ですがその栽培目的は食用の種。栄養豊富な種は古くからその土地の人々の生活を支えてきたそうです。

さて、現在当公園のヒマワリですが、

こちらカメムシが集まっていました。虫たちにとっては今も昔も変わらず食料としての需要が大きいよう。

花はあと一週間ほどで咲きそろうと思われます。満開までもう少々お待ちください。

 

その他見ごろの花

ヒメヒオウギスイセン