ニュース&ブログ

つるをたどって(サツマイモ、ヒルガオ)

2022年08月03日 公園の四季、自然との語らい

サツマイモのツルが夏の日差しのもと一株につき右に左に最大2メートル弱成長し。谷を越えて隣の畝、果ては石垣まで伸びています。

サツマイモは葉の付け根、節々から根を出し、根を膨らませて芋つくります。株元の芋を大きくするためにつる返し(つるの整理)を行いました。

うだるような暑さの中でしたが、どうにか作業を終えることができました。

(ボランティアの皆さんありがとうございました。)

さて、サツマイモですがこちら、夏休み自由研究によく使われたアサガオや、ヨルガオ、当公園でも花が咲きだした雑草のヒルガオと同じヒルガオ科の作物。

葉の形がどこか似ています。

秋の味覚サツマイモが待ち遠しいですが、ヒルガオの花も山菜としても、酢の物などにすることができます。やや辛味や苦味といったアクを感じますが、ピンクの色どりと甘い香りを楽しむことができます。ヒルガオは夕方にはしぼんでしまう花。ひと時の花をお楽しみください。