ニュース&ブログ

里山あそび カキ

2022年12月20日 公園の四季、自然との語らい

☆カキ(柿):カキノキ科

なか・やちよの森公園にも、豆柿(実生のひとり生え)が何カ所かはえています。

林地や境界線の「柿の木」は渋柿が多く、昨今なかなか利用されません。家・農家などの敷地には、甘柿が植えられていますが、その甘柿も放置されている所が多く、鳥や獣の餌となっています。

神戸大学清野先生から、獣害対策の講演「野生の生き物との共生」で、放置柿がニホンザルの重要な食糧となっていると教えて頂きました。

来年度は、プログラムで「干柿」や「あわせ柿」の講座も企画したいと思います。