ニュース&ブログ

稲の花ってどんな花?

2021年08月28日 公園の四季、自然との語らい

春にプログラムで植え付けた稲が穂を出しました。

春はこんな様子だったのに

季節の移り変わりを感じます。

ところで皆さんは稲の花、お米の花をご存じですか?

花は咲かないと思っている人ももしかしたらいるかもしれません。

ちなみに花はこんなのです。

飛び出しているのがおしべ、めしべはおしべの付け根、開いた花の内側にあるそうです。

見た目はすごく地味です。

地味ですが、大切な花。

農家の方は、この花の時期は田んぼに入るのを避けるそうです。

お米は稲の種。この地味な花がお米に直結します。だから、稲の邪魔をしないようにそっとしておくのだとか。

そんな大切な花が見られるのは午前中だけ、昼頃にはしおれてしまいます。

足早に変わる季節の移ろい。秋には黄金色の実りに姿を変えて楽しませてくれるでしょう。

さて、そんな稲ですが、10月に稲刈りと脱穀のプログラムを予定しております。

9月1日受付開始ですので、興味がおありの方はぜひご応募ください。

もちろん、今しか見られない稲の花の鑑賞もお待ちしております。