ニュース&ブログ

においで身を守る植物たち(ミントほか)

2021年09月15日 公園の四季、自然との語らい

ハーブの仲間のミントの花が咲いています。葉をちぎれば清涼感あふれる香りが周囲に広がります。
ところでハーブはシソの仲間ってご存じでしょうか?彼らは独特のにおいで虫などの生き物に食べられないように身を守っています。

植物の世界ではそう珍しくもないようで。先日ご紹介したサンショウや

マツカゼソウなどのミカンの仲間。

そしてヒノキ

などもそうなのだとか。その他、名前を言えば納得してもらえる下の写真の花もニオイで身を守る代表格です。

ツートンカラーのおしゃれな花。今の季節は実に変わります。

名前はヘクソカズラと言います
はい屁、糞、葛です。下ネタですが、本当にそんな名前です。
その名の通りのニオイがしますのでご興味のおありの方はお試しください。

逆にいい匂いの代表としてクロモジなどが見られます。
クロモジはつまようじやアロマオイルでも使われる香木ですのでご興味のおありの方はぜひ

枝に黒い斑点があるのが特徴です。

山はきれいなだけじゃない。臭いものをかいでみたい方もいい匂いを好まれる方も、里山のニオイをぜひご堪能ください。